営業先の開拓

戦略経営者2017年12月号No.374 P40より

 営業対象に「見込み客」を忘れていませんか。という記事。
 一度営業をしたけれど、断られたお客さんに営業をするのは有効。

 つまり、
・営業対象は限られている
 新規営業していくとどんどんエリアが広がっていく。
・情報があるので営業としては楽
 前回の面談内容などから広げられる。

 顧客リスト、見込み客リストをしっかり構築する必要がある。
という場合があるのかもしれませぬ。

三村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA