会計事務所とかで使えそうなツール

2019年5月30日ビッグサイトで行われている『総務・人事・経理ワールド2019』に行ってきました。
なんと事務所総出で行きました。その中で気になったものをいくつかご紹介します。

操作マニュアル自動作成ソフト「iTutor」
 個人的には三村はこれが一番ヒットしました。
 普通に作業をすると、その作業に吹き出しをつけたりして、マニュアルを自動作成してくれます。
 お客様にマニュアルを渡すことも多い会計事務所の業務。これはかなりよいかも。検討中です。

機械翻訳エンジン「Mirai Translator」
 提供言語は日本語、英語、中国語の三か国語。
エクセル、PDFなどのファイルをアプロードして、ファイルの文書を翻訳処理できます(有料)。
また、ファイル以外の単語程度の翻訳なら、みらい翻訳のホームページの「お試し翻訳」で簡単に翻訳できます(無料)。
 スタッフの龍田さんに翻訳精度を確認してもらいましたが、google翻訳とはレベルが違う精度で!
 逆翻訳もしてくれるので、外国語がわからなくても何となく翻訳の制度は確認できます。

腰痛対策椅子「balans Synergy」
 腰痛対策の椅子。小さく手すりも背もたれもなく、狭いスペースでも置けそうでおしゃれ。
 むむむ!

クラウドのアクセスみたいな「kintone」
 話を聞いているとクラウドで、少しUIのよくなったAccessかなみたいな感じを受けた。
 面白いかも。

MF給与の打刻システムリリース予定
 MF給与ご利用のお客様、給与連動の打刻システムがリリースされています。
現在は定時出金管理がメインで、
フレックスタイム対応は7月以降とのことですが、
9月頃まで30人まで無料で試用できるキャンペーンを開催するとのことです。
打刻システム導入に興味のある方は、この機会にお試しいかがでしょうか?
 また、これに伴いMF給与の勤怠管理機能は6月以降使用できなくなるとのことです。ご注意ください。

勤務シフト最適化クラウドサービス「Optamo」
 シフトづくりを自動でやってくれるソフト。色々なポジションがあってたくさんバイト管理をしている会社だとこれがあると便利かもしれない。

ひとり情シス代行サービス&情シス部門支援サービス
 小さな会社で情報システム部門を置けない会社の代行会社
 また情シス部門で手が足りなかったり、技術力が足りない場合の代行会社
 結構こういうの求めている会社は多いよなと。弊社も?

バーチャル経理アシスタント「MerryBiz」
 綿密な打ち合わせの上、経理業務を完全外注できるサービス、
 結構大きめの会社向けのサービスの模様だけど、いざとなったら。

宝探し専門会社「タカラッシュ!」
 組織でのリアル宝探しゲームをご提案していました。
 リアル脱出ゲームとか結構好きなので、こんな福利厚生?研修もありなんだなと。

前払給与システム「enigma pay」
 勤怠データと連携して、時給×働いた時間の80%程度の報酬を前払い受けられるというサービス。
 給与の前払いシステムがあればアルバイトの求人応募数が3.7倍になったとか・・・。
 同じようなサービスが3~4社みかけたので、流行かも。